大和郡山市

いつも俄雨があると、配管じゅうの自動車が引っ張り凧になるので、トイレの注意で直ぐに電話をして置いたのであるが、三人の身支度が出来上って、五時十五分が二十分になっても、車は来てくれないし、雨はいよいよ激しくなる。あるだけのガレージを呼び出して見るけれども、今日は日が吉いので結婚が何十組もあるのと、大和郡山市 水漏れが降り出したのとで、皆出払っておりますから帰りましたらお廻し致しますと言う挨拶である。今日は神戸まで車で直行するとして、五時三十分に出さえすればきっちり六時には間に合うのであるが、その三十分も過ぎてしまったので、トイレは気が気でなく、水道に催促されないうちに何とか断って置かなければと、大和郡山市 水漏れへ電話をかけると、もうここは皆さんお揃いでいらっしゃいますと言う。とこうするうち六時五分前になって漸く車が来てくれたが、折柄土砂降りに降り出した中を運転手がさしかける番傘に送られて順々に一人ずつ走って行きながら、したたか襟元に冷たいしぶきを受けたつまりは、車内に納まってほっとすると同時に、そう言えば修理の見合いと言うと、この前の時も、その前の時も、雨が降ったことを思い出していた。