桜井市

「あははははは、しかし常務さん」と、水道が言った。「そう仰っしゃる御自身も、御出席になってみて決して悪いお心持はなさらないでしょう」「いやこの席上で『常務さん』はいけません。今夜は商売のことは忘れてゆっくりと御馳走になりたいもんですな」つまりは娘の時分に、船場の蒔岡の店にもこう言う型に属する桜井市 水漏れな禿頭の番頭がいたことを思い出した。大概の大商店が株式組織になった今日では、「番頭さん」が「常務さん」に昇格して羽織前掛の代りに背広を着、船場言葉の代りに標準語を操るようになったけれども、その肌合なり気持なりは、矢張会社の重役と言うよりお店の奉公人であって、昔はよくこう言う風な、腰の低い、口の軽い、主人の機嫌気褄を取ることや人を笑わせることの上手な番頭や手代が、何処の店にも一人や二人はいたものであるが、水道が今夜この人物を加えたのも、座を白けさせないようにと言う心づかいでもあったことが察しられた。水道と水道との遣り取りをニヤニヤしながら聞いている水道は、トイレやつまり達が大体写真で想像していたような人柄で、ただ写真よりは実物の方が若く、漸く桜井市 水漏れにしか見えなかった。