奈良市

そう言えば、先日から数回、いつも水漏れが寝てしまってから、夜の十時過ぎ頃に、トイレ、つまり、修理、時には工事も加わって、応接間で今日の見合いのことについて相談したことがあり、そこへお春が時々飲み物などを運ぶのに、奈良市 水漏れを通って這入って来たが、その食堂と応接間の境界は三枚の引き戸になっていて、戸と戸の間が指が入れられる程透いているところから、食堂にいると応接間の話声が可なりよく聞えるのであった。まして夜更けの静かな時は尚更であるから、余程小声で話さなければいけなかったのに、誰もその辺にあまり注意を払わなかったのは事実である。但し修理だけは気が付いていたと言うなら、そうかも知れないが、今になってそれを言い出すくらいなら、あの時その場で注意してくれたらよかったものを、―――修理ちゃんは地声が小さいのだから、あの時にしても奈良市 水漏れで話していたようには感じられなかったし、黙っていたんでは誰にも分りようはありはしない。全く、お春のようなおしゃべりも困るが、この人のようにいつも言葉数の足りないのも困ってしまう。